人生設計に合わせる

保険に対しての考え方

みなさんは保険というものに対してはどのようなお考えをお持ちでしょうか。いざという時の為に入っておくものと、つまり病気やけがなどに備えてのものと狭義でお考えの人も多々いるかと思います。しかしながら、保険はとても幅広いもので、いろいろな種類の保険があるというのも事実です。一番大切なことは、自分のライフプランに合わせて保険を取捨選択していくということです。すでに何らかの保険に入っているというのであれば保険見直しという作業も出てくると思います。ここでは今まではあまり常識としてなかった保険の使い方について述べていきたいと思います。病気や怪我に備えるだけでない「保険」の知識で保険見直しに役立てれば幸です。

保険で資産形成をするとは

保険で資産を形成するという発想はありますでしょうか。毎月の保険料を積み立てていきながら、途中で死亡した場合は定額の死亡保障金を受け取り、一定の積立期間が終われば、今まで積み立てた保険料はもちろん、少し上乗せされて積立金が手元に戻ってくるというものです。つまり、保険料を積み立てている間、保険会社はその保険料を元に資産運用するので、その利益を一定期間保険料を積み立ててくれた加入者に還元するという仕組みなのです。ただしポイントは中途半端な期間で解約すると今まで積み立ててきた保険料の元本を割ってしまうということです。保険見直しで新たにこのタイプの保険に加入する人は十分に注意しましょう。すでにこのタイプの保険に入っているのであれば保険見直しで中途半端に新規加入するべきではありません。